読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田に行ったらゼッタイに行っておきたい酒盃で呑む

秋田に行ったんだったら、ゼッタイに行っておきたい居酒屋がある。 ただ行き当たりばったりではそうそう入れない。予約必須の店である。

秋田 きりたんぽ鍋を食べるならここでしょう の北洲で呑む

盛岡から新幹線で1時間半ほどで秋田に着く。 仕事を終えて雪の中をタクシーで川反にあるお目当ての店に向かう。

青森 CP抜群の六兵衛で呑む

さて青森である。相変わらず2月の話なので青森はしっかり雪が吹雪いていた。 そんな中をチェックインしたホテルから即、慎重に歩いてお目当ての店に向かう。

盛岡 とらやにてあみおろしと太田和彦氏絶賛の湯豆腐で呑む

そういうわけで前回のMASSを出てしばし歩く。雪が結構降っていたのを覚えている。 そう、今はもう4月だけどこれは2月のお話(果たして現在進行形にいつになるのか)。

盛岡 角牛と三元豚のどて煮込みが旨いMASSで村上春樹と共に。

盛岡である。今年になって初めて盛岡での宿泊。 駅前からは少し離れている。多分歩くと15~20分くらいは掛かるだろう。

仙台のなかぐろの穴子の和テリーヌは食べるべき一品

またまた仙台である。選択肢は沢山ある。そんな中で選んだお店が『なかぐろ』。 地下鉄広瀬通り駅から徒歩5分のところにその店はある。

山形 これぞ日本酒天国! 味山海 で呑む

さて、山形である。 山形と言えば以前伺ったのは『川なり』というお店。

仙台 壱弐参横丁 なつかし屋 で呑む

仙台の続き。『炉ばた』を出る。もう1軒行ってみよう。何処に行くか?さてさて。 やはり2軒目で行きたくなる『源氏』。いつものように文化横丁に向かう。

仙台 炉端発祥の店 炉ばた で呑む

さて、仙台は炉端発祥の店に向かう。 前回の仙台で呑んだ記録は?というとこんな感じ。

八戸 ばんや で再び呑む

再び八戸のばんやに行く。 これで3回目の『ばんや』である。今年になってからは2回目。 bananaqueen.hatenablog.com

甲府の老舗バー 馬酔木 で呑む

最後は甲府の老舗バーに行ってみる。 この日の最後は『馬酔木』だ。 連れと2人で先に到着。 このバー、少し怪しげな地下にある。以前その知り合った方に連れて来て頂いた。

甲府 くさ笛 で呑む

ディープな路地をくさ笛に向かう。 1軒目の『どてやき下條』を出る。うめワリ・ぶどうワリで若干酔っている。 そうは言ってもまだまだ時間は早い。当然2軒目なのだ。行く店は決まっている。

甲府 どてやき下條 で呑む

1人呑みのキッカケとなった店がここ。 前々回だったか。ボクが1人呑みをするキッカケになった店のことを書いたのは。 それが甲府にある『どてやき下條』という店だ。

京都 赤垣屋 で再び呑む

赤垣屋に向かう。 まさか一ヶ月での再訪になるとは全く思っていなかった。 そうして、またしても『赤垣屋』に伺うことになる。

京都 ばんから で呑む

『神馬』から先斗町へ向かう。 さて、『神馬』の老舗の雰囲気をしばし楽しんだ後、どこに行くか検討する。 連れが先斗町に行きたいと言い出す。良さそうな店をピック・アップ。そして予約。

京都 神馬 で呑む

前回1月の京都は?おさらい。 京都と言えば前回は3軒1人呑みで巡って次はいつのことやらと思っていた。

大阪 松屋 で呑む

そうは言ってもまずラーメンでしょう。 さてさて、『門』、『北龍』と続いたその後。 『北龍』ではもう食えないななんて言いながら、日本酒三昧だったのにラーメンかい。

大阪 北龍 で呑む

『酒肆 門』の次は『北龍』に向かう。 ここはお初天神裏。『酒肆 門』に大満足。再び細い路地に戻る。さてどうしよう。 先程『ここも良さそうだぞ』、という店があった。行こうかどうしようか。

大阪 門 で呑む

『酒肆 門』の『酒肆』って? 3/1なのに2月分のアップがスタート。 最初は大阪『酒肆 門』。『酒肆』は酒を売る店とか酒を飲ませる店という意味。