読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長岡 鮨芳 で呑む

結局信号を右に曲がることはなく真っ直ぐ歩く。やはり寄ってしまう。 『鮨芳』。ここの寿司は結構評判が良い。そして評判通りの店だ。

長岡 魚仙 で呑む

新潟は長岡。さすがに雪が積もっている。 ただ、ありがたいことに着いた時には降ってはいなかった。

仙台 源氏 で呑む

連れとはここで別れてボクは1人タクシーに乗る。 向かうは『ぶんよこ』の愛称で知られる文化横丁。

仙台 かん で呑む

いわきから磐越東線で85.6km、電車にゴトゴトと揺られていると郡山に着く。 そこからは新幹線に乗り換えてしまえば仙台はあっという間だ。

いわき 肴 で呑む

今年2回目のいわき。福島とは言え浜通りなのでこの時期でも雪はない。 今回お伺ういするのは『肴』という魚が美味しい店。

郡山 金寶 で呑む

郡山というとここ、という店がよくわからない。しばらくうろつくことになる。 どうでしょう?という感じで、古そうな建物がボクを呼んでいる。

青森 ふく朗 で呑む

どうやら、いつの間にか新青森駅に着いたみたいだ。 すっかり眠ってしまっていた。なので外の様子はわからない。

山形 川なり で呑む

山形。どうもこの店とは縁がなかった。前回予約も入れずに行くとやはり満席状態。 この日もそうだった。開店してしばらく経ってからの電話では既にもう遅かった。

八戸 みろく横丁 そろそろ で呑む

『ばんや』に続いて『美味』。帰ろうと思ったけれどついつい向かいの店に移る。 結構遅い時間になっていたので、入った時にはもう客は1人だけだったような。

八戸 みろく横丁 美味 で呑む

『ばんや』を後にして向かうは『みろく横丁』。やぁんせ市一丁目。『海の幸 美味』。 『びみ』だと思っていた。でも実は『みみ』と読むのだった。

八戸 ばんや で呑む

はやてが八戸駅に到着する。駅の外に出る。雪は降っていない。タクシーに乗り込む。 10分程で中心市街地に着く。ホテルにチェックイン。そそくさと今夜の店に向かう。

京都 じじばば で呑む

そして今度は『リド飲食街』へ。京都駅のすぐ近く。烏丸七条を曲がると姿を現す。 ディープな雰囲気。昭和レトロな匂いがプンプンと漂う路地が、それだ。

京都 遊亀 で呑む

『赤垣屋』を出てフラフラと歩く。当然どこを歩いているのかは良くわからない。 ただ京都の静かな通りを夜歩くのも何だか楽しくなってくる。

京都 赤垣屋 で呑む

知らない人がこの赤いネオンだけを見たら、 まさかこれが京都を代表する老舗居酒屋の1つとは誰も思わないのではないだろうか。

松本 卯屋 で呑む

国宝松本城を中心とする旧城下町、長野県は松本にやってくる。 松本駅のお城口から歩いて数分。『卯屋』がある。『卵』ではない。 子・丑・寅・卯・辰・巳の『卯』。 こじんまりとした店だ。4人で一杯になるカウンター。テーブル2卓。小上がりが2卓。 夫婦2…

いわき 福住 で呑む

2016年になっての最初の居酒屋巡りは福島県浜通りのいわきから始まる。 フラガールのスパリゾートハワイアンズ(昔の常磐ハワイアンセンター)とか、 アクアマリンふくしまだったり、いわき湯元温泉だったりと意外に観光資源は豊富だ。 ただ、いわき駅の周り…