読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわき 福住 で呑む

  • f:id:bananaking777:20160213160242j:plain

 

 

 

2016年になっての最初の居酒屋巡りは福島県浜通りのいわきから始まる。

 

フラガールスパリゾートハワイアンズ(昔の常磐ハワイアンセンター)とか、

 アクアマリンふくしまだったり、いわき湯元温泉だったりと意外に観光資源は豊富だ。

 

ただ、いわき駅の周りには特に何があるわけでもない。

昔に比べたら随きれいな駅になっている。以前の感じもあれはあれで良かったけれど。

 

 

 

そんないわき駅近く。昔は東急インで、今はグランパークホテルパネックスいわき。

その脇道の先に入口。地下に下りるとその店がある。大正元年創業の『福住本店』。

 

以前は旅館業も営んでいたようだ。

三代目が並行して経営していたやきとり専門店専業としたらしい。

 

近くにはもう1件『福住白銀支店』があり、こちらはスタイリッシュなつくり。

そことは違ってこの本店はなかなか渋い。

 

入ってすぐのところには歪曲したカウンター。奥には座敷。中央には囲炉裏。

黒光りしている床やテーブルの座敷へ。この日は1人ではなく仕事仲間と3人での訪問。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160213160459j:plain

 

 

 

1人ボーっと呑む酒も良いが、仲間と呑むのも決して悪くない。ただ呑み過ぎる。

まずは瓶ビール。その後1人だったら日本酒だけどここは芋焼酎のボトルでロック。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160213160901j:plain

 

 

 

昨年のことだ。このいわきの地でよく一緒に呑んだ仲間が突然亡くなってしまった。

呑みながらふとそのことを思い出す。最近は疎遠だったが随分とあちこち呑み歩いた。

 

また一緒に呑みたいよな。顔は時々合わせることがあった。いつもそう思っていた。

でも、結局は誘うこともないままで奴はあっち側に行ってしまう。

 

疎遠になろうがどうしようが、生きていればあったチャンスも今はもうない。

世の中にはどうにかなることも沢山あるけど、もうどうにもならないことってある。

 

99%可能性がなくても、1%くらいは可能性はあったりする。

だけど、こっちに居なければ100%可能性は失われてしまう。

 

いつか一緒に過ごした日々も、そいつも、もう決して戻っては来ない。

ただ呑んだ記憶と言うのは案外と色褪せないもんだ。

 

色褪せない分、寂しさも込み上げてくる。

まあそのうちボクもそっちに行くからその時は今度こそまた呑もうな。

 

 

 

そんなことをふと考えながら、今年最初の宴は終わる。

もしも1人だったら泣いていたかもしれない。

 

年齢を重ねれば失うものの方がきっと多くなる。それは多分間違いじゃあない。

それでも、得られる質は高まるんだって思う今日この頃だ。

 

 

 

(2016年1月第2週訪問)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

お店の情報

福住焼き鳥 / いわき駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5