読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松本 卯屋 で呑む

 

 

 

f:id:bananaking777:20160213234216j:plain

 

 

 

国宝松本城を中心とする旧城下町、長野県は松本にやってくる。

松本駅のお城口から歩いて数分。『卯屋』がある。『卵』ではない。

 

子・丑・寅・卯・辰・巳の『卯』。

こじんまりとした店だ。4人で一杯になるカウンター。テーブル2卓。小上がりが2卓。

 

夫婦2人で切り盛りをしている。

20人ほど入るこれくらいの大きさが丁度目の届く範囲なんだろう。

 

地元の常連客が多い。周りにホテルがいくつもあるので出張のグループも結構居る。

飛び込みで行っては満席で入れずということが何回もある。早い時間なら予約は必須。

 

 

 

駅の近くではこの『卯屋』。もしくは『風林火山』というお店がなかなか良い。

ただ、どちらも人気店。いつも飛び込みで入ろうとするが殆どフラれてしまう。

 

そうは言っても意外に松本は選択肢が多い。

駅から少し歩いた『新三よし』。縄手通りの『鳥富』。

更に先には『スタンディング8オンス』。そして『きく蔵』。他にもまだまだある。

 

 

 

この日は少し遅くに到着。駅前での選択。『風林火山』はいつものように満席状態。

 ならば『卯屋』。運良く小上がりが空いていた。仕事仲間と2人だったのでそこへ。

 

メニューには信州の郷土料理があれこれと並ぶ。惹かれるものが多く迷う。

ただ、必ず頼むのが『おまかせ酒の肴三品』。馬刺しか信州サーモンは選ぶ。

 

決まって選ぶのは馬刺し。ここの馬刺しはあちこちで出される中でもかなり美味しい。

肴三品と言え、実際はもっと色々盛られて出てくる。これだけでも随分酒が呑める。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160213235508j:plain

 

 

 

酒は『山泉 生酛仕込純米 無濾過生原酒』を頼む。

今は酒屋の『清水屋』が『黒澤酒造』で造ってもらっているオリジナルの日本酒。

 

アレコレと郷土料理や地酒を堪能しているうちに時間はどんどん過ぎていく。

酒を呑んでいるとある瞬間から時間の速度が変わる。早くなる前におしまいにする。

 

いつもながらCPは非常に高い。

最近は松本に行くことも減ってしまったが、行った際にはまた伺いたい店の1つだ。

 

 

 

(2016年1月第2W訪問)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

行ったお店の情報

 

卯屋居酒屋 / 松本駅西松本駅北松本駅
夜総合点★★★★ 4.0