読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八戸 みろく横丁 美味 で呑む

 

f:id:bananaking777:20160218221535j:plain

 

 

 

『ばんや』を後にして向かうは『みろく横丁』。やぁんせ市一丁目。『海の幸 美味』。

『びみ』だと思っていた。でも実は『みみ』と読むのだった。

 

 

元漁師の大将が毎日旬の魚介類を豊富に取り揃えている店。

ボクが食べたことがないようなものが必ずこの店にはある(とは言えまだ2回目)。

 

そして、前回の『初』は『どんこの刺身』。

そして、当然『初』ではなかったが、ここの『ほや刺し』は絶品。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160218223336j:plain

 

 

 

もちろん養殖ではない。殻の塩水だけで何も足さずに食べる。

ほやは大好き。あればどこでも頼む。そんな数ある中でここが今まででは1番。

 

青森に『いなげ家』という居酒屋がある。

大間マグロの色々な部位を食べさせてくれる店。

 

そこで『ほやのへそ』を食たことがある。

今のところここでしか出されたことがない。それと共に未だに1番をキープ。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160218223331j:plain

 

 

 

さて、2件目故にお酒は当然最初から日本酒。ただ何を呑んだか?は定かでない。

青森の地酒。それは間違いがないんだが全く覚えていない。

 

逆に何を食べたのか?の記憶は鮮明だ。写真に収めてるからではない。印象が強い。

まずは前回も食べた『どんこの刺身』。いわゆるエゾイソアイナメ

 

肝に醤油を足して溶く。そこに白身の刺身を絡めて食す。まさに至福の時。

この魚、傷み易い。普通『どんこ汁』等で食べる。なのにここでは刺身で食べられる。

 

刺身自体にクセがない。要するに旨みがなく淡白。その代りに肝と食せば絶品。

この肝は本当に美味しい。これだけでも充分。前回同様、ここに来た意味がある。

 

 

  

f:id:bananaking777:20160218224634j:plain

 

 

 

もう一品は『あんこうの刺身』。これも肝と共に。刺身はもちもちしている。

かすかに甘みがある。肝は『どんこ』よりも濃厚な感じ。これは『初』。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160219010414j:plain

 

 

 

普通は『あんこう鍋』。新鮮だから刺身で食べられるわけで、ある意味貴重な体験。

でも、『あんこう鍋』も食べたくなる。何しろ外は本当に寒い。

 

更にもう一品。これも『初』。『たこの白子』。とろける美味しさ。

まったりとしていてクリーミー。チーズのような感じ。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160219005724j:plain

 

 

 

 なかなか人生初なんて年齢を重ねると少なくはなる。

でも、まだまだいくらでも人生初なんてゴロゴロしているんだなと思い知らされる。

 

もう随分食べたし、かなり呑んだ。ここで帰れば良いのに。

結局、向かいの店に行ってしまうことになる。

 

 

 

(2016年1月第3週訪問)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

今回行ったお店の情報

 

海の幸 美味魚介・海鮮料理 / 本八戸駅
夜総合点★★★★ 4.5