読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郡山 金寶 で呑む

f:id:bananaking777:20160220143115j:plain

 

 

 

郡山というとここ、という店がよくわからない。しばらくうろつくことになる。

どうでしょう?という感じで、古そうな建物がボクを呼んでいる。

 

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220143419j:plain

 

 

 

随分とくたびれた建物だ。店構えもつくりものではない古い渋さ。暖簾も悪くない。

今日は本当に軽く呑んでホテルの温泉に浸かって生ビールを呑もうと心に決めて入る。

 

暖簾をくぐる。木戸を開ける。中に入るとそこはまさに昭和の大衆居酒屋そのもの。

チープなカウンターはコの字。常連らしきは皆1人静かに呑んでいる。つまみは一品。

 

『金寶』というこの店、『金寶酒造仁井田本家』の直営店のようだ。

この仁井田本家は1711年から続く歴史ある酒蔵。

 

蔵のある場所は、昔『金沢村』と言い、その頃の仁井田本家の屋号は『寶来屋』。

『金沢の寶来屋』の『金』と『寶』から『金寶』としたらしい。

 

300年余り『酒は健康に良い飲み物でなければならない』という信条代々受け継ぎ、

日本で最初の自然酒を醸したんだそうだ。そして現在は十八代目。

 

古びたショーケースのん中には、だるまや徳利や招き猫が並ぶ。

そして金寶酒造の酒がそれらと一緒に整然と並べられている。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220144607j:plain

 

 

ここでも最初はビール。1人で瓶1本って実は少しばかり多い。それでも頼む。

もう習慣みたいなものだなこれは。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220144737j:plain

 

 

メニューは豊富。いかにも大衆酒場のそれではあるが、大衆酒場だからそれで良い。

ここはお通しがない。食べたくもないものが出てくるくらいならこの方が良い。

 

まずはすぐに出てくるだろう『らっきょう』を注文。

そして案の定、すぐに目の前にさっと置かれる。早い。こういうのが良い。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220145157j:plain

 

 

 

もう一品、『肉豆腐』を頼む。「少し時間が掛かりますけど」と不機嫌な感じ。

「別に良いですよ」と返事。食べたいと思ったものをボクは食べる。当たり前だ。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220145543j:plain

 

 

ビールをやっと呑み終える。日本酒に切り替える。今日は燗でお願い。

周りの方が皆そうなのでこれはついついつられてしまう。

 

枡に入ったコップが置かれる。

今度は愛想の良い若い女の子が大きな徳利を持って来て注いでくれる。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220145843j:plain

 

 

 

枡には『金寶自然酒』の焼印。これが呑み易い。すっと呑めるから進む進む。

あまり燗酒は呑まないのだけれど、たまには良いもんだな。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160220150039j:plain

 

 

 

ボーっと酒を静かに呑む。奥の方では宴会が繰り広げられているけれど、

カウンターは静かなもんだ。そして出入りが思った以上に早い。

 

皆1・2杯程度。つまみも多くて2品ほどだ。毎日のように来る方も多いんだろう。

毎日少しだけ呑んでちょっと口に入れてそれで帰る。お財布にも心にも優しい。

 

 

 

 

御常連に習ってボクもそろそろ帰るとする。燗をもう1杯だけ。それでおしまい。

これくらいがちょうど良い店。

 

その土地ならではの店というわけではない。どこにでもある店。

でも、ありそうでそんなには多くはない1人でも居心地の大衆酒場。悪くない。

 

 

 

(2016年1月4週訪問)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

今回行ったお店の情報

 

酒蔵 金寳居酒屋 / 郡山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5