読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲府 くさ笛 で呑む

 

f:id:bananaking777:20160306212753j:plain

 

 

ディープな路地をくさ笛に向かう。

 

1軒目の『どてやき下條』を出る。うめワリ・ぶどうワリで若干酔っている。

そうは言ってもまだまだ時間は早い。当然2軒目なのだ。行く店は決まっている。

 

 

最近はこのコースだ。その店は結構わかり難い場所にある。なので必ず迷ってしまう。

もう何回か来ているのだけど、それでもイッパツでは来られない。この日も迷った。

 

場所は『オリンピック通り』という路地。なかなかそこに辿り着けない。

案の定、名前の通り、昭和39年の東京オリンピックの年に出来た場所のようだ。

 

その時から現在まで、もう50年以上に渡ってここに店を構え続けるのが、『くさ笛』。 緑の『銘酒コーナー くさ笛』の看板が何とも言えず良かったりする。

 

 

f:id:bananaking777:20160308234634j:plain

 

 

この路地もかつては華やかな時代があったはずだ。

でも、今では周りの店の多くはもう既に営業を止めてしまったところも多く寂しい。

 

そんな中にあって、この店からはいつも笑い声が聞こえてくる。

ここだけ時間が止まって昔のままで保存された別世界のようだ。

 

店は細長いカウンターだけ。座った後ろはすぐに引き戸。

外には小さな赤ちょうちんがずらり。その下には縄暖簾が連なっていている。

 

 

f:id:bananaking777:20160306214833j:plain

 

 

中は見えない。初めてここに来た時は、夏で開けっぱなし。なので案外入り易かった。

でも、この時期だと縄暖簾と引き戸に躊躇して初めての人には入り難いかもしれない。

 

しかしそんな心配は全く無用だ。

きものに割烹着姿のおかあちゃんがちゃんと優しく迎え入れてくれる。

 

 

お店に入る。

 

店に入る。お客は半分くらいか。カウンターの左の方が空いている。そこに座る。

右の方はおかあちゃん、左の方はナオミさん。

 

日本酒を頼む。家族、親族で経営する北杜市高根町にある小さな蔵元、

武の井酒造の『武の井 純米吟醸』を頂く。

 

 

f:id:bananaking777:20160306215846j:plain

 

 

ここに来たら『コロッケ』が食べたい。ここのコロッケはかなり美味しい。

おかあちゃん手作りだ。この食い散らかしている写真じゃあ伝わらないか。

 

 

f:id:bananaking777:20160306220004j:plain

 

 

更にお酒を注文。今度も山梨の酒。

これも北杜市にある山梨銘醸の『七賢 風凛美山 純米』。

 

少し離れた隣に居る男性。何となくお会いしたことがあるなと思っていたら、

以前来た時に会っている。きのこの写真をあれこれと見せてもらった方。

 

この店は木のこの季節になるとさまざまなきのこ料理が出てくるらしい。

そのきのこ、全ておかあちゃんが山に入って採ってくるんだそうだ。

 

そんなきのこを写真に収めている方で、今回も色々と見せて頂いた。

結局、ボクはその季節にここには来れず、きのこは食べずじまい。

 

 

 

f:id:bananaking777:20160306221158j:plain

 

 

まだ呑む。これも北杜市にある谷櫻酒造の『純米酒 北の杜』。

それにしてもまあ本当に良く呑む。

 

 

f:id:bananaking777:20160306222546j:plain

 

 

そして、突然石川県の手取川酒造のお酒になる。この手取川には2人の杜氏がいる。

ベテランと若い杜氏。その若い方がつくったのが、この『純米酒 吉田蔵』。

 

 

f:id:bananaking777:20160306222805j:plain

 

 

そうこうしているうちに知り合いが顔を出す。

そう。この日は以前この店で知り合った方と呑む約束をしたんだった。

 

ただ、一軒目のおでん屋は満席でボクたちの入る隙がなかった。

そして、電波が悪く電話が繋がらなかったようで、わざわざ来て下さったのだ。

 

もうしばらくしたら向うも1軒目が終わるのでということで、後ほど待ち合わせ。

更にディープな場所にあるバーだ。以前も連れて行ってもらった場所。

 

ただ場所がわからない。ナオミさんが連れて行ってくれると言う。

お言葉に甘えて、ひと足先にそのバーへと向かう。

 

 

呑んで、食べた後に。

 

それにしても、この店はいつ来ても本当に楽しい。

お酒もそこそこ揃っているし、なにより何気ない料理がまた美味しい。

 

以前来た時のこと。

山椒の実を醤油で漬けたものを豆腐に乗せて出してくれたことがある。

 

その山椒だけでも酒の肴にはもってこいだった。

わがままを言って、山椒だけ別で更に食べさせて頂いたこともある。

 

これも山で獲ってきたものだし、漬けたものおかあちゃん。

そんなものが色々食べられる。それがまた楽しみだったりもする。

 

そしてここはおかあちゃんやナオミさんを介して他のお客と話すことも多い。

まあ逆に言えば1人で静かに呑むということにはならないということだ。

 

でもそれが楽しいし、無理に会話をするということにもならない。

自然に何となく当り障りのない会話を楽しめる場所だ。

 

ここはやはり甲府に来たら、必ず立ち寄りたくなる店だ。

いつまでも元気で続けてくれたら良いのにといつも思う。

 

 

 

今夜のDrinking Songは?

 

The Kinks の 『Have Another Drink』 。

キンクスと言えば本当はそのまんまのタイトル『Alcohol』のところなんだけど敢えて。

 

 

 

 

そしてこの曲を聴くと必ず同じキンクス

『Have A Cuppa Tea』なんかも思い出してしまうな。

 

(2016年2月第1週訪問)

 

ブログラグ・にほんブログ村へ