読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして今年3度目の京都でまたまたまた3度目の赤垣屋で呑む

f:id:bananaking777:20160424212706j:plain

 

そんなわけで『味人』でお腹を落ち着かせて、

次に向かったのが今年になって3度目の京都でその度に伺っている店。

 

またもや赤垣屋に行ってしまうんだよな。

 

どうしてもここは行きたくなる。なぜかわからないけれど行きたくなる。

そしてこの時も結局は行ってしまった。今回が3回目である。

 

 

 

 

どうせ行くんだったら最初から行けば良いんだけれどね。

そうは言っても他の店にもやはり行きたくなるわけで。

 

今回はカウンターではなくて初めて小上がりの方だった。

これまでとはまた違う景色。少し引いてカウンターの中で働く人達を眺めるのも良い。

 

席に着くと既にお通しが準備されていた。3人で伺ったので三種類のお通し。

どれもこれも何て言うことはないんだけれどやはり美味しい。

 

 

f:id:bananaking777:20160424213111j:plain

 

 

f:id:bananaking777:20160424213115j:plain

 

 

f:id:bananaking777:20160424213119j:plain

 

 

お酒は枡酒。もちろん銘柄は1つしかない『名誉冠』。

いつも樽から注がれているのを見ていたので一升瓶を見たのは初めて。

 

 

f:id:bananaking777:20160424213237j:plain

 

 

日本酒とくればここはやはり『おでん』しかない。

何だかんだ言ってもここのおでんは好きだな。これがあるのもここに来る理由。

 

 

f:id:bananaking777:20160424213703j:plain

 

 

お酒が進む中、そんなにダラダラと呑んでいるわけにもいかないので、

あと一品だけ。『穴子の白焼き』を注文。やはり旨い。

 

 

f:id:bananaking777:20160424213754j:plain

 

 

まだたった三回しか伺っていないけれど、何だかもっと沢山来ているかのよう。

それだけ居心地が良い。気持ち良い。美味しい。旨い。間違いない。

 

カウンターに小上がりときたので、

いつかは奥にある離れみたいなところで呑んでみたいな。

 

そう思いながらホテルへと帰っていく。

しばらくは京都には来られないだろう。それでも次が楽しみだ。

 

そして結局はまたここには必ず来ることになるんだろう。

出来れば夏にはもう1度訪れたいんだけどな。

 

 

(2016年3月1W訪問)

 

ブログラグ・にほんブログ村へ